他のED治療薬と違って食前でも食後でもどちらでも服用しても良いのがシアリスです。食前に飲もうとして、タイミングが無くて飲めなかったということがあってもシアリスなら大丈夫です!食後でもきちんと効果が見込めます!

食事の影響を受けないシアリス

シアリスを飲んで風俗を長時間楽しめ!

ED治療薬として日本で認可されているものは、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。
バイアグラについては、のんだことはなくても名前くらいは聞いたことがある、という方が少なくないでしょう。
3種類のどれもがペニスの正常な勃起をサポートするもので、治療薬として使用されるだけではなく、夜の生活の供として活用している方も多いです。
サポート的な役割を果たすだけで、EDが根本から治療できる薬というわけではありません。
効果は一時的で、のんでいない状態では元通りということになり、のんでいるときにだけ効果が発揮できるものです。
勃起や射精ができないと悩んでいる男性には、一時的であれカチカチになる体験ができるので、やみつき状態になってしまう男性も中にはいると言います。

精力剤と勘違いされることが多いようですが、のむと何もしなくても勃起や射精ができたりEDを根本的に解決できるというわけではありません。
飲めば性欲が増えるというわけではなく、たつためにはトリガーとなる性的な興奮や刺激が必要になります。
そして、どの種類でも高い確率で副作用が確認されており、ほとんどが軽い症状ではありますが、頭痛や顔のほてり、鼻詰まりなどがみられるようです。
世界的知名度のあるバイアグラですが、効果の継続時間が短めであったり、食事の影響を受けやすかったり、副作用がでやすかったりすると言われています。
バイアグラの弱点とも言えるところを少しずつ改善してつくられたのがレビトラで、レビトラよりもさらに改善されてつくられたのがシアリスです。
効果の継続時間については、バイアグラが4時間程度であることに対し、シアリスは約36時間作用すると言われています。
また、シアリスは食事による影響をほとんど受けないとされており、副作用についても少ないそうで、最新のED治療薬でありながら現在では世界でも人気の薬です。

バイアグラやレビトラは即効性があることが特徴ですが、シアリスはゆるやかに効果が持続する遅効性の薬と言えます。
そのため、海外ではウィークエンドピルという愛称で呼ばれることもあり、金曜日の夜にのめば日曜日の朝まで効果が持続すると話題です。
日本では、バイアグラと同様に風俗などでのプレイを楽しむため、のまれることが多くなっています。
EDであってもなくても、風俗でのプレイをゆっくりと楽しみたい、長時間の性的快感や興奮を経験したい、などという男性に人気です。
バイアグラやレビトラの場合、プレイの1時間前にのんでおくと良いのですが、ゆるやかに効果が現れるシアリスは、プレイの3時間前にはのんでおいたほうが良いでしょう。

EDで悩んでいる男性は、風俗嬢にどれだけのテクニックがあっても、短時間では勃起や射精がしにくいところがあります。
だからと言って、ただ単に時間をかけてプレイをすれば解決できるのかと言うとそうではありません。
そのため、正常な勃起をサポートしてくれて、長時間効果が持続するシアリスは、EDで悩んでいる男性には嬉しい薬です。
一度でも勃起や射精ができれば自信にもつながり、二度目三度目と期待がふくらんで、リラックスしながらこれまでにはない絶頂を迎えられるかもしれません。
風俗を利用するEDの男性は、心理的なストレスが原因となっている場合が多く、プレイ中の緊張は大敵です。
緊張をほぐしながらゆっくりと時間をかけてプレイするためには、シアリスは欠かせないアイテムになるでしょう。
注意したいところは、海外ではウィークエンドピルと呼ばれているように、平日には使いづらいということです。
平日に使ってしまうと、日中や仕事中などにちょっとした刺激でたってしまい、目立たないようにするのが大変だと言います。
翌朝の朝だちがすごくて、トイレが大変だったという話もあるくらいなので、長時間楽しめる休日に使うことがおすすめです。